ギリギリで生きる人


生と死のぎりぎりの瀬戸際を生きぬいてきた人が、

芸術家や作家になることがある。

ギリギリで生きている人にしか見えない何かを見て、

死のふちでしか聞こえない声を聞いて

命をけずって、作品を作るんだ。

世の中には、そういう生き方しかできない人もいる。