楽しい形を、つくってみる。

心は、形となり、

形は、心をやどす。

楽しいときは自然に

顔を上げて、前を向いて、

元気よく歩いている。

それが、楽しさの形だ。

だから、

顔を上げて、

手を振って歩けば、

自然に楽しい心が生まれてくる。

心が先で、形があと、なんじゃなくて、

心と、形=からだは、

おたがいに影響をあたえあっているんだ。