自分の気持ちをコントロールする方法

気持ちと身体は、つながっている。

ストレスがたまると、病気になる。
病気になると、気持ちもダウンする。

気持ちは目に見えないけれど、身体なら見える。
気持ちをコントロールするには、身体をつかえばいい。

身体の中で、特に気持ちに大きな影響を与えるのは、命に関わる内臓だ。
ところが、そういうとても大事なところは、自分の意思で、動かすことができないんだよ。

意識して、心臓を止めたり、できるかい?
消化の速度を速めたり、ゆっくりしたりできないよな。
内臓は、意識して動かすことはできない。

けれど、ゆいいつ、ひとつだけ、動かせる内臓がある。
それは、肺。そう、呼吸だ。

呼吸をずっと止めたら生きていられない。
こんなに大事な呼吸だけれど、早さや深さ、自分で思う通りに動かすことができる。

呼吸は、気持ちに直接つながっている。
不安なとき、呼吸は浅く、早くなる。

だから、落ちつきたいと思うときは、呼吸をゆっくり深く、してみよう。

気持ちをコントロールするために、身体を使うんだよ。
ゆっくり、深く。

自分で思う通り。
呼吸で気持ちをコントロールできる。