自分が知らない自分の未来

自分って何だろう。

そう考えているのは、意識だ。

「意識」と「自分」は、同じじゃない。

意識が知っているのは、自分のほんの一部だけ。

自分っていうのは、思うよりずっと広くて深くて大きい。
きみは全然「自分」のことを知らない。

自分の弱さも、自分の強みも、自分の未来の可能性も。

知らないことがいっぱいある。

だから、知ったかぶって、自分を語っちゃいけない。
「自分なんて」とか、「自分はこうなんだ」とか。

ちっちゃな「意識」が見える、ちいさな自分を語っているだけなんだからね。

きみは、自分が思うよりずっと、広くて深くて大きい。

そこには、きみの未来の可能性がキラキラと光っているんだよ。