悲しくてつらくて、生きるのがしんどいとき

悲しいときは、
誰かを笑わせよう。

楽しいことを言って、ひょうきんにおどけて。
誰かの笑顔が、きみの悲しみを溶かしてくれる。

つらいときは、
誰かに親切にしよう。

手伝いをしたり、優しい言葉をかけたり。
誰かからの感謝が、きみのつらさをいやしてくれる。

生きるのがしんどいときは、
誰かのために生きよう。

誰かの役に立てたという実感が、きみの生きる力になる。