春は外に出て

外に出て、感じてみてほしい。

ありとあらゆる命が、生きようとしているその熱量を。

いっせいに開いた桜の花が。
花壇をいろどるパンジーが。
夕暮れに飛ぶ鳥たちが。
葉先の羽虫が。
川にきらめく魚が。
ケンカする猫たちが。
土くれの中の小さな生き物たちが。

われさきに、
生きようとするその熱量を。

生きる、生きる、生きる。
食べて、大きくなって、つがいとなり、命をつなぎ。
生きる、生きる、生きる。

強く、熱く、ただ一心に生きようとするその姿に、
圧倒される。

純粋な命の熱量は、きっときみにも、生きる力をあたえてくれる。