きみは優しいかもしれないし、最低かもしれない

きみのことを誰かが
優しいと言うかもしれない。

きみのことを誰かが
最低というかもしれない。

きみは、
優しいかもしれないし、最低かもしれない。
その誰かにとっては。

誰もかれも、勝手に、
きみのことをそう言うんだよ。

きみのよいところを見てくれる人が、
きみのよいところを伸ばしてくれる。

人の言葉に流されやすいなら、なるべく、きれいな優しい言葉をかけてくれる人のそばにいよう。

でも本当は、いつだって、きみはきみ。

それでいい。