もう死ぬしかないと思っている君へ

子どもが自分で自分の命をたつ、

いたましい事件を見て、

「死んで当然」と言う人は、ひとりもいない。

 

みんなが、

「死ぬことはなかったのに」

と思い、そして、

「その悩みはこうすれば解決できたのに」

と思った人もたくさんいたんだ。

 

本人は「死ぬしかない」と思っても、

世間の多くの人は、

「死ぬことはない」「解決方法がある」

と知っている。

 

死ぬしかないと思っている君、

君は「生きる方法がみつかっていない」だけだ。

 

生きていく方法は絶対に確実にある。

 

それを知るためには、

知っている人とつながらなくてはならない。

 

もしいままで誰かに相談してダメだったとしても、あきらめないでほしい。

驚くべき実験がある。

もし君が誰かとつながったとする。

その人はまた別の誰かとつながっている。その別の誰かもまた別の誰かと。

君 <誰か=1人目<その先の誰か=2人目<3人目<4人目<5人目<6人目

そうして、6人たどると、この地球上の全世界の人とつながってしまうんだよ。

 

そのなかには、

君の悩みを解決してくれる人が、必ず、絶対に、いる。

 

悩みを打ち明けて欲しい。

誰かに。

誰かは君を助けてくれないかもしれない。

 

でも、誰かの友達の友達が、きっと君を救ってくれる。

必ず。