極度のひとみしりだった、日本エレキテル連合の中野さん

人見知りで恥ずかしがりで
うまくしゃべれない子が、
初めて会う人と、うまくしゃべれるようになる、
とっておきの方法がある。

人見知りしないキャラを作るんだ!

これは、
お笑い芸人の「日本エレキテル連合」の中野さんが
新聞に書いていた方法だよ。

中野さんは、とても人見知りで、
恥ずかしがりで、話し下手な子だった。
とくに初めて会う人としゃべるのが
イヤでイヤで
クラス替えのたびに苦労していたそうだ。

だけど、お笑いが好きだったから、
みんなに楽しんでもらえるようにと、
ちょっとヘンなオジサンキャラの
「細貝さん」を作って
えんじるようになった。

芸人として売れてきて
初めての人と会う機会が
どんどん増えていったとき、
人見知りな中野さんは
フレンドリーで積極的な細貝さんのキャラになりきって、
話すようにしたんだそうだ。

そうするうちに話すことにもなれて、
苦手だった話すことが
何よりも楽しい時間になっていったんだ。

でも、今でも、
細貝さんの仮面を外すと、
ちょっぴり人見知りな中野さんがいる。

人見知りで話し下手な人は、
中野さんの方法がオススメだ!

あこがれのタレントやマンガのキャラでもいいし
もちろん自分で、明るく前向きなキャラを作ってもいい。
自分で作るときは必ず名前も決めておくこと。

教室のとびらをあける前に自分に言い聞かせるんだ。
「よーし、じゃあ今から中野啓太は、
陽気で明るいジャクソンになるぞ!」
「鈴木はるかは、今から
元気で面白い、ぽぷりん!」ってね。

実はこの方法、
オレも試したことがある。

効果絶大だ!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「フリースクールの先生をしてる、マナコだ!
28歳! 独身! 男!
言いたいことはひとつだけだ!
オレの生徒は、死なせない!
なにがあっても! 絶対に!
君ももちろん、オレの大事な生徒だ!」

目次
閉じる