保護者の方へ

親に言えないひみつ

きみにも、

「親に言えないひみつ」

きっとあるだろう。

きみが小学校高学年、そして中学生以上だったら

かならず、ひとつやふたつ、あるはずだ。

それでいい。

言えない理由は、

親におこられるから、とは限らない。

恥ずかしいから。

親を心配させたくないから。

なんとなく……。

それはきみが、

大人に近づいてきているしるしだ。

親に言えないひみつがあってもいい。

そして、保護者の方は、

子どもが「言えないひみつ」を持っていると知ったら、

ちゃんと成長しているんだって安心してほしい。

知っていても、そっと見守ってあげてほしい。

 

うん。

子どもがひみつだって思っていることって、

実はとっくに、

親にはバレてるんだよな。

 

そういうものだよ。

だから、それでいいんだ。