正しい答を選ぶ方法

正しい答を選びたい、と誰もが思う。

1たす1は……。
算数の問題には正しい答がある。

でも人生の問題には、正しい答がない。

どんな仕事をしたらいいのか。
誰と付き合えばいいのか。
どこに進学したらいいか。
どうしたらうまくいくか。
言うべきか、言わざるべきか。
メールを送るべきか。

人生の大問題も、日ごろの小さな問題も。
ときと場合と相手によって条件が変われば答も変わる。
時代によっても違う。
気分でも変わるし、好き嫌いもある。
どちらもよい場合もあるし、どちらも悪い場合もある。

それでもどれかを選ばなくちゃならない。
そういうときは、
「正しい答を選ばなければ」と思わないほうがいい。
いつまでも選べないからだ。
どっちを選んでも後悔するからだ。

よりよいほうを選べばいい。
そうすれば、どんなときも、未来は少しずつよくなる。
どっちも悪いときも、せめて少しでもいいほうを。

まったく同じなら、好きなほうを選べばいい。
自分で選んだというそれだけで、
それは、よりよい答になるから。

正しい答を選ぶんじゃない。
よりよい答を選ぶんだ。
それが、正しい答なんだよ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「フリースクールの先生をしてる、マナコだ!
28歳! 独身! 男!
言いたいことはひとつだけだ!
オレの生徒は、死なせない!
なにがあっても! 絶対に!
君ももちろん、オレの大事な生徒だ!」

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次
閉じる