自然な笑顔の作り方

写真や動画を見て、自分の笑顔がひきつってるって感じたことがあるかい?
もしそうなら、自分の体をうまく操縦できていないのかもしれない。

誰もが自然に、何も考えずに、自分という体を操縦して動かしているって思うかい?
そんなことはないんだよ。

そもそも最初は誰もできなかった。
赤ちゃんのころはね。
赤ちゃんは自分の手や足を、思うとおりに動かすことができない。
目の前にある自分の手のことを、「これはなんだろう」って顔で見つめていたりする。
赤ちゃんは、体っていうロボットに乗りこんだ、パイロットだ。
手足を動かすことも、顔の表情を作ることも、結構むずかしい。
自分の体を操縦するのって、簡単じゃないんだよ。

でも何度も練習してだんだんうまくなる。

自転車にのることも、さかあがりすることも、ハシを持つことも、字を書くことも。
意識しなくても自然に動かせるようになる。
はじめてなのに、ひょいと自転車に乗れるようになる人がいる。
練習しなくても上手に笑える人がいる。

でもな。
そういうことが、ちょっと苦手な人もいるんだよ。
運動やダンスが苦手だったり、不器用だったり。
笑顔をつくったつもりなのに、なぜか引きつってしまう。

でも大丈夫!
練習すればできるようになる。
ハシの持ち方を練習したように。字の書き方を練習するように。さかあがりや自転車の乗り方を練習するように。
運動神経のいい人よりは時間がかかってしまうかもしれないけれど。
必ずできる。

絶対だ!
練習すれば誰でも自転車に乗ることも、自然に笑うこともできるようになるんだよ。

鏡を見ながら、「いー」って言ってみよう。
口の横を指先でもちあげながら。
1回、2回、何回でも、くりかえそう。

自然な笑顔がすてきなタレントさんやモデルさんも、実はすごくたくさん練習してたりするんだよ。

自然な笑顔は自然にできるんじゃない。
たくさん練習してできるようになる。
それでいいんだよ!

さあ!「いー!」
いーい顔だ!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「フリースクールの先生をしてる、マナコだ!
28歳! 独身! 男!
言いたいことはひとつだけだ!
オレの生徒は、死なせない!
なにがあっても! 絶対に!
君ももちろん、オレの大事な生徒だ!」

目次
閉じる