真実は何かと何かの間にある

これじゃ、ぜんぜんダメだって思ってるんだね。
もしかして、完璧か、ゼロか、どっちかしかないと思っているのかい?

完璧を目指しながら、どうしてもとどかない。
AでもなければBでもない。
どこにも行けないのに、ここにもいたくない。

そう。
現実世界っていうのはね、中途半端なんだ。
本当のことは、何かと何かの間にあるんだよ。

きみも、みんなも、だれもかれもが、何かと何かの間にいて、どこかから、また別のどこかへ行こうとしている。
だから、だれだって、いつだって、完璧とゼロの間。
それでいい。

それが生きているってことだからね。
いいんだよ。

真実は、何かと何かの間にあるんだ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「フリースクールの先生をしてる、マナコだ!
28歳! 独身! 男!
言いたいことはひとつだけだ!
オレの生徒は、死なせない!
なにがあっても! 絶対に!
君ももちろん、オレの大事な生徒だ!」

目次
閉じる