暗やみの中で苦しんでいるきみへ

先の見えない暗やみの中で、もがき苦しんでいるきみに伝えたいことがある。

苦しいと感じるのは、それでもきみが前に進もうとしているからだ。

きみはこれから気づく。

一番苦しかったあのときはもう、回復に向かっている途中だったのだと。

いつのまにか気づく。

きみを助けようと、のばされた手に。

やがて確信する。

苦しいときはもう過ぎたのだと。

未来のきみは、苦しみを乗り越えて、力強く前に進んでいる。

明るい笑顔のきみが見える。

これは予言じゃない。あてすっぽうでもない。

きみと同じく大きな苦しみを乗り越えた、たくさんの人が本当に体験した「事実」なんだよ。

 

苦しいときは必ず過ぎる。

未来のきみは明るく笑っている。必ず!

 

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「フリースクールの先生をしてる、マナコだ!
28歳! 独身! 男!
言いたいことはひとつだけだ!
オレの生徒は、死なせない!
なにがあっても! 絶対に!
君ももちろん、オレの大事な生徒だ!」

目次
閉じる