イジメられている子を助けたい2

じゃあ、なにを、どうすればいいのか?

 

もちろん、誰がどんなふうにいじめられているのか、

そして、それを見ている、きみがどんな性格なのかで、

ぜんぜんちがってくる。

 

このイジメサバイバルでは、

心優しい、内気な、はずかしがりやな子にもできること、を

一緒にかんがえていこう。

 

まずは、イジメられているのが、男子の場合だ。

イジメられていたって、男にはプライドがある。

だから、「かわいそう」がらないでほしい。

 

もし、イジメられて服をぬがされたり、いたずら書されたり、

キズになっていても、

見なかったふりしてほしい。

かわいそうな目で見られるほど、みじめなことはないんだ。

 

普通にしていてほしいんだ。

 

ムシされるのはつらい。

逆に、かわいそうがられるのもつらい。

 

だから、ほかのクラスメイトにするのと同じように、

あいさつしたり、

声をかけたり、

できればそのとき、ニッコリ笑ってくれたら、

もっとうれしい。

 

ふつうに。

ふつうにするのって、とてもむずかしいことだと思うけれど、

内気で、はずかしがりやでも、

イジメられている人の心の痛みがわかる子なら、

きっとできると思うんだ。

 

これは男子の場合だよ。

女子の場合は明日につづく。

 

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「フリースクールの先生をしてる、マナコだ!
28歳! 独身! 男!
言いたいことはひとつだけだ!
オレの生徒は、死なせない!
なにがあっても! 絶対に!
君ももちろん、オレの大事な生徒だ!」

目次
閉じる