くさい、その3

くさいって言われたら、どうすればいい?

シミュレーションしてみよう。

シミュレーションっていうのは

本当にそうなったつもりでいろんなやり方を想像してみること。

 

1・言った相手をぶちのめす

これができれば苦労しない、よな。

 

2・泣く、悲しむ、怒る、言い返す。

これは良くない。なぜか? 全部相手を喜ばせる反応だからだ。

だって、相手はきみをきずつけたいんだからね。

これじゃまったく相手の望むとおりに、

すっごく傷ついたっていうアピールになってる。

相手を喜ばせちゃダメだ。

じゃあ、逆に相手にとって

一番つまらない反応は?

 

3・ムシする。

弱くてもイジメられていても誰にでもできる

もっとも効果的な反撃方法だ。

 

この方法は、大人も、叩かれやすい芸能人なんかもよく使ってる。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「フリースクールの先生をしてる、マナコだ!
28歳! 独身! 男!
言いたいことはひとつだけだ!
オレの生徒は、死なせない!
なにがあっても! 絶対に!
君ももちろん、オレの大事な生徒だ!」

目次
閉じる