おばちゃんたちが、お天気の話をする理由

おばちゃんたちが、道ばたで

お天気がどうとか、スーパーでキャベツが売りきれてたとか、

意味のない話をえんえんとしてるのはなぜだと思う?

 

話の内容に意味はなくていいんだ。

 

むしろ、だれにとっても、意味がなくて、どうでもいいってことが大事なんだ。

ヒートアップして言い合いにならないようにね。

 

これはね。サルの毛づくろいと一緒なんだよ。

 

ニコニコしながら会話するのは、

「あなたの敵じゃないですよ」

「困ったときは助けてください」

「これからも仲良くしましょう」

っていうメッセージなんだ。

 

雑談力ってやつだな。

 

これは、学校でも会社でも、必要な力だ。

 

何を話せばいいか分からなかったら、とりあえず天気の話をしてみればいい。

昔から、

天気の話は、おばちゃんたちの鉄板ネタだからな!

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「フリースクールの先生をしてる、マナコだ!
28歳! 独身! 男!
言いたいことはひとつだけだ!
オレの生徒は、死なせない!
なにがあっても! 絶対に!
君ももちろん、オレの大事な生徒だ!」

目次
閉じる