ひとりぼっちと感じたとき

ひとりぼっちだって思ったとき、

本を読もう。

きみが、どれほど他の人とちがっていたとしても

本の中には、必ず、きみの同類がいる。

自分みたいな人間はこの世に1人しかいるはずないと思っても

本の中には、必ず、自分と同じような経験をしている人物がいる。

分かってくれる人なんているはずないってことでも

本には、いるんだよ。

 

きみの同類。

きみの理解者。

きみのことを分かってくれる友達が、

本の中にいる。必ず。絶対だ。

 

だから、ひとりぼっちだって思ってしまうときは

本を読もう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA